結婚指輪でダサいブランドとは?人気ブランドでも安いのはダメ!?

 

結婚することになり、結婚指輪を買いに行くのに悩み中。

そんなに高価なものはいらないと思っているが、人からダサいと思われるのも恥ずかしい。

有名なブランドに憧れはあるが、そこまで結婚指輪にお金をかけなくてもいいかなと思っている。

そんな時におすすめのブランドを紹介します。

 

 

結婚指輪のブランドで人気があるのは?年代によって違う意見も!

 

 

まずは結婚指輪の世代別憧れランキングを確認してみましょう。

【20代】

1位 ティファニー

2位 4℃bridal

3位 アイプリモ

4位 カルティエ

5位 俄 NIWAKA

 

【30代】

1位 ティファニー

2位 カルティエ

3位 ミキモト

3位 俄 NIWAKA

5位 ブルガリ

 

20代、30代共通で入っているブラントについて簡単に紹介をしていきます。

 

『ティファニー』

1837年にアメリカで創業された、言わずとしれた老舗ブランド。

ハイセンスなデザインは実は男性にも人気です。

価格もダイヤモンドがついていなければ10~15万円、ダイヤモンド付きは30万円~です。

ハイブランドとはいえ幅広い価格帯なのも人気の理由です。

「予算に心配が……」という方も一度お店に覗きにいってみてはいかがしょうか。

 

『カルティエ』

1847年フランス・パリで生まれ、ジュエラーの中で最高級の評価を受けている王室御用達の名門ブランドです。

品質へのこだわり、クールなデザイン、そしてカルティエを象徴するレッドボックスが特徴です。

男性も違和感なくつけられるようなボリュームのあるデザインも人気の理由。

価格帯は、ハイブランドなのでやはり少しお高めに設定されています。

しかし結婚指輪に関しては、シンプルなデザインであれば10万円台から購入できるものもあります。

 

『俄 NIWAKA』

1983年に日本で古き良き文化が生まれた京都で誕生しました。

洗練で、繊細なデザインは、職人さんが一つ一つ丹念に仕上げられた証。

滑らかな指通りも俄の特徴です。

さらに一つ一つリングには名前が付けられていて、日本の美しい情景と想いが込められています。

俄の結婚指輪を選んだ先輩カップルの中には、この指輪に込められた思いに共感して選ばれる方もいるほど。

俄の結婚指輪の価格は平均で23万円(ペア価格)。

上位ランクのダイヤモンドを扱っていることを踏まえると、とてもお得な価格設定です。

 

 

 

 

結婚指輪は毎日つけるもの!安いものでも好きなブランドがいい人も?

 

 

結婚指輪は毎日つけるものです。

そのため、人気のブランドや、高価なブランドにこだわらず、自分たちが好きなブランドがいいという意見も多くあります。

特に新型コロナウィルス流行に寄り、結婚式やハネムーンを行うハードルが上がった中、結婚指輪の購入は結婚をする上でのより重要なイベントとなりました。

永遠に続く愛の証である乾坤指輪は、予算を抑えても決して失敗したくないですよね。

 

ぜひブランドに引っ張られすぎることなく、自分たちの趣味に合う指輪を選んでください。

今は色々なブランド、メーカーが結婚指輪を作成しています。

お二人の地元の工場だったり、お二人の思い出の国のブランドだったり、キャラクター物の結婚指輪もあります。

せっかくの機会なのでご自身でハンドメイドをするのもありです。

 

結婚指輪でダサいブランドとは?人気ブランドでも安いのはダメ!?まとめ

 

結婚指輪は長年、長時間着け続けるものです。

歳を重ねた時にも納得できるデザインを選び、重さや着け心地も妥協せずに選んでください。

mた、アフターサービスがしっかりしているかの確認もしましょう。

結婚後、何十年後に体系が変わってサイズ直しが必要になる可能性もあります。

結婚指輪を買うときにはアフターサービスについても確認をするとよいでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

この記事がみなさんの結婚指輪選びの手助けができれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!