『シークレット・ブティック』のあらすじや相関図で魅力を解説、感想まとめてみた

奪われたものを全て奪い返す…。
謎の高級ブティックのオーナーであるジェニー。その裏では、復讐のために政財界の影の権力者として暗躍する姿があるのであった……。権力・金・嫉妬女たちの戦いが幕を開ける。

 
と、気になる見出しを紹介させていただきました。『シークレット・ブティック』は『私の名前はキム・サムスン』のキム・ソナが主演する韓国ドラマです。
本日は、この『シークレット・ブティック』の魅力を一気にご紹介します。

あらすじと人物紹介

まずは、あらすじ、キャラクターとキャストの紹介をしていきます。

謎の高級ブティックのオーナーであるジェニー・チャン。ジェニーは両親を事故で亡くし孤児院で育てられました。
そして江南の銭湯でアカスリをしていたところ、財閥デオ家のキム・ヨオクの目に留まり、デオ家で下働きをすることになりました。

 
献身的に働き続けるうちに、ヨオクの信頼を得るようになったジェニーは、上流層の秘密のもめ事を解決する謎の高級ブティックJ・ブティックを任されるようになります。さらにヨオクの信頼を厚くしていくジェニーに、ヨオクの娘ウィ・イェナムは劣等感と嫉妬心を抱くようになります。

 
ジェニーには絶対に達成したい野望が、ヨオクには絶対に知られてはならない過去があります。

 
そこにイェナムの嫉妬心が絡み合いなら物語は進んでいきます。物語が進むにつれ、ジェニーに協力する弁護士のユン・ソヌ、デオ家の長男、ウィ・ジョンヒョク、事情を抱えジェニーの元へ向かうアマチュア囲碁棋士のイ・ヒョンジなど魅力的なキャラクターも参加し、大きな流れとなっていきます。

先が気になりますね。ドロドロ愛憎劇ながらもスタイリッシュかつ知的な雰囲気で進んでいきます。
毎回先が気になるところで終わるので、どんどん見進めてしまいますね。

キャラクターとキャストの紹介

ジェニー・チャン/キム・ソナ
 謎のブティックJ・ブティックのオーナー。政財界の影の権力者としての裏の顔を持つ。

キム・ヨオク/チャン・ミヒ
 デオグループ会長。財閥「デオ家」の女帝だが、誰にも知られてはいけない秘密を抱えている。

ウィ・イェナム/パク・ヒボン
 デオ家の長女。同い年のジェニーと比較され、劣等感と嫉妬心を募らせる。

ユン・ソヌ/キム・ジェヨン
 ジェニーと同じ施設で育ち、J・ブティックの弁護士を務めるジェニーの協力者。

ウィ・ジョンヒョク/キム・テフン
 デオ家の長男。優しくて奥の深い、ジェニーのよき理解者。

 
相関図

 

出典:https://culture-pub.jp/secretboutique/

 

シークレット・ブティックのここを見てほしい!

 
ストーリーばかりご紹介してしまいましたが、『シークレット・ブティック』の魅力を引き立たせる注目ポイントをご紹介します。
それは…。ファッションです!
主演のキム・ソナのスタイルが本当に良いです。ゴージャスな衣装に身を包むキム・ソナを見るだけでもこのドラマを楽しむことができるほど。またデオ家の面々もみなオシャレです。

 
目を引くのは女性陣のファッションですが、実は男性陣のファッションもとても素敵なんです。上質で洗礼されたフォーマルな衣装に身を包む男性にときめかない人はいないのでは!?

 

『シークレット・ブティック』を見た人の反応は!?

 さて、では実際に『シークレット・ブティック』を見た人の反応はどうなのでしょうか。
見てみましょう。

 みなさん楽しんでいるようですね。やはり衝撃のストーリーとファッションに注目がされている様子。
みなさんの反応に、完全同感です!

 

シークレット・ブティックはどうやって見たらよいの!?

最後になってしまいましたが、ご紹介した『シークレット・ブティック』がどこで見られるかをお伝えして終わりたいと思います。
現在『シークレット・ブティック』を見る方法は、
DVDを購入、レンタルいただくか、VODではprime video・U-NEXT・dTVで見ることができます。

1話見ていただければ『シークレット・ブティック』の世界に引き込まれるはず!ぜひみなさんも楽しい時間を過ごしてください。

最新情報をチェックしよう!